夫婦

痛風の症状を改善|バランスの摂れた食事をしよう

発作を起こさないコツ

夫婦

痛風の発作を予防するには食事が大切です。プリン体の多い食品の取りすぎに気を付けましょう。体内で生産されたプリン体の排出を促すことも大切です。アルカリ性食品を多く取り入れアルコールは控えめにしましょう。

Read More

尿酸値を下げる

お年寄り

痛風になると悪化すると痛みで歩行困難になります。痛風は尿酸値が高くなることで起こるので、尿酸値が上がるプリン体を含むビールや牛や豚のレバーやいわしやアジなどの干物を控えめにします。痛風の改善には水分を多くとったり、アルカリ性の食品のわかめやひじき、ほうれん草やじゃがいもなどを食事で摂るようにします。

Read More

バランスの良い食生活

焼き魚

痛風のときには、プリン体を多く含んだ食べ物やアルコールを控えることが大切で、また規則正しい生活をして肥満を防ぐことも重要です。痛風のときに食事に取り入れると良い食べ物はアルカリ度の高いものやビタミンCを多く含むものが挙げられていて、乳製品をバランス良く食べることも効果的だと言われています。

Read More

プリン体を減らそう

健康食

激しい痛みの原因は

痛風と言えばとにかく強い激痛がするという特徴があり、尿酸値が高くなることで発症します。その尿酸は体内の老廃物で、プリン体によって作られることから、プリン体を減らすことが痛風予防や改善につながります。そして尿酸を増やす原因としては、暴飲暴食やストレス、運動不足や過度のアルコール摂取などがあります。それゆえに痛風は生活習慣が大きく関係しており、とくに食事内容は重要です。また痛風には尿酸値を上げないことと尿酸を排せつすることが予防につながるため、まずは規則正しくバランスの良い食事を心がけ、摂取する食材もプリン体の少ないものを選ぶようにしましょう。そして運動を心がけ、肥満している場合はダイエットをすることも大切です。

治療と予防

病院での痛風治療と言えば、一般的に多いのは薬による治療で、他にも湿布薬なども処方される場合があります。それとともに食事療法も実施されますが、食事療法に関してはセルフケアでもある程度の実施は可能です。まずプリン体の多い食材の摂取を控えることが基本で、とくにレバーやアンキモ、イワシなどに多く含まれており、他にも魚介類や肉類、干しシイタケなども含有量が高めです。逆に米などの穀物類や野菜類、海藻類などはプリン体が少ない食材です。あとは他の方法として、アルコールは一切口にせずに継続的な運動を心がけ、痛みが激しい場合は患部をとにかく冷やすようにすることで予防や改善効果が期待できます。もっとも最近ではプリン体を含まない健康志向の食材やアルコールなども市販されているので、そういったものは手軽に入手可能で摂取できるため、人気もあります。